<< ダークソウル3〜ロスリックの高壁〜 | main | ダークソウル3〜ロスリックの高壁3〜 >>

スポンサーサイト

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ダークソウル3〜ロスリックの高壁2〜


左門のヨロイ騎士、右門の量産型グンタ。
2ヶ所の難敵に探索を阻まれ悩まされていた私ですが……

量産型グンタは倒しました!

倒した、て言うかどうやらアレは特定のモブ骨が変異するものだったらしく。
それと気付かずに変異する前のモブ骨叩き斬ってたから出て来なかったでござる。
何とあっけない……。
でも扱いが雑魚っぽかったからまた復活してるんだろうなー。

で。

量産型グンタ倒したから、いざ先に進もう!と思ったらそこ行き止まりだったでござる……。
た、倒した意味……!

つまり、何としてでもここはあの騎士を片付けねばならぬと言うことですな。
オーケーオーケー、やってやるぜ!


以下、燃やした↓

拠点の篝火に戻って、そこから左側の道へ。
いつものようにドラゴンにモブ骨を焼き払ってもらいソウルだけありがたく頂きます。
毎度ありがとうございます。

当然ながらやっているうちに私も上手くはなっていますので、今では盾構えた骨の背後を取ってケツに槍ぶっ刺して殺すようなことも鼻歌まじりに出来るようにはなりました。
ケツ、ケツを狙う。
俺はケツハンター。あらゆる骨のケツと言うケツに槍を突き立てることこそ己が使命と心得た。
しかしながら件のヨロイ騎士はそんじょそこらの骨のように気楽に背後に回らせてくれません。
て言うかホント怖いから、そんな余裕ねえ。
ですので私も新兵器を用意しました。

火炎瓶!!

火炎……壺?
そんな名前だったような気もしますが、まあ要するにボムです、ボム。
グレネード的なヤツ。
こういうの、使うのケチって無駄に余らせちゃうんですよねー。
でも使っちゃう、強いし。
フハハハハ、燃えろ燃えろー。

30ダメージ!

威力しょっぼ。
槍で突くのと大して変わらへんがな……。
どうやら炎はそんなに効果が期待できない様子。
ならばこちらです、

ハルバード!

デカい骸骨からペチった。
あとバトルアックスもありますが、これは装備するのにやたら筋力いるのでとりあえずお預け。
フハハハハ、強いぞー。
ただの槍よりも威力あるぞー。
薙ぎ払うこともできるぞー。

うわ、振りおっそ。

お、重いから……何て言うか攻撃速度が完璧に負けてますね!?
このままだとまたソウルを失ってしまうので、勇気ある撤退!
ギャー、結構しつこく追ってくるこのヨロイ!
しかもわりと速い!怖い!
とりあえず後ろを振り返らず一目散に逃げてドラゴンの下をすり抜けて、

あ、何かドラゴンが焼いてくれた。

意外な決着……!
ドラゴンが上手に焼いてくれました。
この竜、見境いないなー。

おかげで先に進んで、新しい篝火を焚いて転送ポイントを作ります。
これで騎士は避けていけるな……!
騎士も量産型グンタも手強い相手ですが、しょせんは雑魚扱いなので篝火で休むと普通に復活します。
困ったもんです。

さらにその先に量産型グンタ2体目。
私、無事死亡。
しかしこいつは要は変態させなければ済む相手なのでどいつが変わるのかさえ把握出来ていればどうにかなります。
さらに進むと、今度は太くて強そうな騎士とか、普通にワラワラいるヨロイ騎士とか出てきました。

うん、これは無理だネ!

諦めてソウルがあるうちに帰還。
レベル上げてついでに武器鍛えて、次回のリベンジをはかります。
地道に進んではいるが……これ下手したらこのステージクリアするだけでダクソ終わっちゃうんじゃ……(∵)


スポンサーサイト

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • 22:20
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
アクセスカウンター
web拍手
Twitter,Now!

selected entries
categories
                
                
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM