<< 討鬼伝2 体験版 | main | 実況パワフルプロ野球2016 >>

スポンサーサイト

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ファークライプライマル〜ビーストマスター!〜


原始の森をウロウロすること数日。
歩いてるとドールとかイノシシとか、動物がじゃれついてきて大変なのはいつも通り。
ついでに敵部族も意外とわんさか出てきて大変です。
原始時代だから案外カニバってるので、油断してたら敵部族が美味しくこちらの部族をいただいてる場面に遭遇したりして、なかなか……。

今回は集めた素材で武器の槍とか矢とかクラフトしていくんですが、さすが原始時代。
使ってる内にどの武器も壊れて作り直す羽目になるんですね。
日頃から木材とかちゃんと集めとかないと、いざと言う時に「矢も槍も棍棒もないよう!」ということになりかねません。
て言うか、一生懸命クマを槍で突っついてたら槍壊れて焦った。
とりあえず近くにいたマンモスを盾にしながら大量の矢で射抜いて事なきを得ましたが……。
ありがとマンモス!

ヒロイン?のサイラさんと祈祷師のティンサイさんを助けて、差し当たっては10人ほどの村になりました。
名前のあるキャラクター以外でも何か達成したり、敵部族に捕まったりしてるのを助けたら住人が増えます。
おいでよ げんしの森。
サイラさんはハゲてる上に、首から敵部族の耳をまとめたネックレスを下げててなかなかロックなお方。
地面に落とした大量の耳を慌てて拾う可愛い仕草も見れます。
捨ててきなさい、そんなもの。
「敵の耳があれば虎に襲われないのよ(ドヤァ)」
って、お前真っ先にサーベルタイガーに食われかけてただろ!

さて、しかしウィンジャの皆さんは積極的に私のウロウロには付き合ってくれませんので、やはり冒険のお供が欲しいところ。
そこで活躍するのが獣たちなのですよ!
今回の猛獣たちは、肉投げて食わしてる間にワシワシしてればすぐに懐いて一緒に戦ってくれる、恐ろしくも頼もしい存在なのです。
1回の食事の恩義を忘れない仁義篤きケモノたち。
実際、チョロい。
例え冒険の途中で死んでしまっても、謎の赤い葉を使うことで生き返ってくれます。
なので、獣を使ってるとイージーモードだと驚くほど難易度が下がりましてな……。
何か今回、拠点攻略とかすげえ楽。


以下、獣たちの挽歌↓

まず最初に仲間になるのが偵察用のフクロウ。
これまでのシリーズでは双眼鏡で敵をタグ付けしてましたが、さすがに原始時代にそんなものはありません。
なので代わりにタグ付けに使うのがフクロウ。
でもこいつがメチャメチャに便利でもう双眼鏡なんていらないレベルなんですよ!
上空から自分で操作しながら飛ばしますので、洞窟の中にいる敵以外はだいたい丸見え。
しかも鳥ですからもちろん敵に見られたところで警戒もされず、オマケにスキルをつければ攻撃も可能。
広範囲に便利な偵察も出来て、敵の数まで減らしてくれる!しかも見つからない!

超!万能!

さらにオトモビーストたちは、最初に仲間にするホワイトウルフを始めドールやジャガー、ライオン、果てはクマからサーベルタイガー、マンモスまで!
こいつらが凄く優秀で、遠くから敵に狙いをつけて命令を出せばたったか走って行って何であろうと噛み殺してくれます。
もちろん拠点に攻め込ませてもただの獣ですので私は見つかりません。
仮に死んでもすぐに生き返らせられるので、どれだけ頑張って敵部族が私のジャガーやクマの襲撃に耐えたとしても次々とおかわり投入!
空からはフクロウ、陸からはジャガー。
イージーレベルならこれでたいてい全滅させられるので私が出向くまでもなく拠点壊滅。
楽しい!楽すぎてなお楽しい!
死にかけたら物陰に待機してる私のところにまで呼び戻して、肉食わせてからもっかい投入してもいいですしね……。
原始時代恐るべし。
これまでのシリーズで一生懸命敵陣を偵察して、見つからないようにどこから攻めるか考えて、てめちゃめちゃ時間かけて拠点を攻略してたのは何だったんだ。
何も考えずにヤバいケモノぶち込めば制圧できちゃうよ!?
いやあ、あの戦略を練ってから攻め込む感じも好きなんですけどね、楽なのは楽なのでどんと来いですわ。

あとケモノたちは何と言っても可愛いのです。
エサを投げたら嬉しそうに食いつき、特に意味はないけど撫で回してモフモフ出来ます。
無邪気に甘えてくるジャガー!可愛い!
あとクマ!クマいいよね!
でかい身体で私を跳ね飛ばしたヤクの首筋に噛みつき引き倒してる姿なんてもう感動モノですよ……。そしてご褒美にモフる。
私が投げる肉で回復出来るのに加えて勝手に倒した獲物を食べて回復したりもしますので丈夫で安心長持ちです。
気がついたら倒した敵部族とか食ってる。
これも原始の理ゆえ致し方なし。

そして今回も大型のケモノには乗れます。
若いマンモスとか、サーベルタイガーとか、あとクマ!
ぶっちゃけケモノを使役するなら乗らない方が応用が利いて強いようにも思うんですけど、クマにまたがって槍を構える、このビジュアルの格好良さは魅惑的。
クマに乗りながらでも武器は使えますし剥ぎ取りも出来るので大概のことが乗りながら出来る!
あとまあ、たぶん走るより速い!
なので人熊一体のスタイルで原始の森を駆け回るのがマイブームです。
楽しい……!ケモノを使うのがこんなに楽しいとは思わなかった!

より難易度を求めるなら更新で加わったサバイバーモードだと死んだ獣は生き返らない、とかなるみたいなのでまあそれはそれで緊張感があって良いかと。
今のところ、ファークライはサクサク進めて面白い……良い……(∵)



スポンサーサイト

  • 2017.06.13 Tuesday
  • -
  • 21:46
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
アクセスカウンター
web拍手
Twitter,Now!

selected entries
categories
                
                
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM